【ライカミニ】LEICA mini 外観レビュー

フィルムコンパクトカメラ【Leica mini(ライカミニ)】の外観レビュー

 

エルマーレンズ搭載の小さなライカ

【LEICA mini(ライカミニ)】は1991年に発売されたAFフィルムコンパクトカメラ。コンパクト機ではレンズに初めてELMAR(エルマー)銘が与えられた。

93年にはストロボ機能を拡張した「mini II」、96年にレンズをSUMMAR 35mm F3.2 に変更した「mini 3」が登場している。

LEICA mini

当時から周知されていたがライカミニは日本製で『松下電器産業:現パナソニック』製造のいわゆるOEM製品です。後に発売される高級コンパクトのLEICA miniluxなども同様で2社の良好な関係は現在のLマウントアライアンスにまで続いている。

ちなみにライカミニと同じベースのOEMカメラもいくつか存在する。
・Panasonic C-D625AF Super MINI
OLYMPUS TRIP AF MINI
・MINOLTA Pico / RIVA MINI

どれも外観が良く似ており基本スペックはライカミニ、ミニIIと同じですが、レンズが34mm F3.5となっていたり細部の仕様に微妙な違いがあるようです。

ライカミニはカタログ内で“ライカによって特別に設計されたレンズ”とやたら強調しているので、OEMと言えどライカの要求したチューニングが施されているのは間違いなさそうです。

フォーマット24×36mm 35mmフィルム
レンズELMAR 35mm F3.5 3群4枚
前面にUVa保護フィルター付き
シャッター絞り兼用電子シャッター
1/5~1/250秒・B(最長5秒)
フォーカス赤外線アクティブ測距式 ∞~0.65m
ファインダーアルバダ式ブライトフレーム
視野率85%、倍率約0.45倍
AFエリア、近接補正フレーム、AF/AEランプ付き
露出制御SPDプログラムAE、中央重点平均測光
その他内蔵ストロボ、セルフタイマー、AF/AEロック
無限遠モード、デート機能、
DXコード対応、自動電源オフ機能
使用電池CR123A×1
外寸118×65×41mm
重量約175g 本体のみ
発売時価格¥55,000

現在の相場はフィルム再燃ブームとライカブランドの相乗効果で高騰気味。

今の2~3万の相場では私は手を出さないと思いますが、ジャンク品と言うことでかなり安く入手。外観もキレイで動作も問題のない大当たりでラッキーでした。

LEICA mini外観はどこから見回してもプラスチック感溢れるプラカメです。それでもどこかエレガントな雰囲気が漂うのはライカブランドの魔力か。

フロントの曲線でカットされた凹みは指掛りが良くホールド性が良い。

角型のレンズ部は同年代の「Konica BIGmini」や「Nikon AF600 / ニコンミニ」「FUJIFILM CARDIA Travel mini」などと似ており流行りのスタイルだったんでしょうかね。みんなミニって名称付けてますし笑

LEICA mini右肩にはライカのシンボルである赤バッジ。プリントではなく立体成型の別パーツです。

最近ではコレ見よがしな赤バッジを控える傾向にあるが、それは高級機の話であって、プラカメのライカミニではこのバッジがあればこそ。

LEICA mini搭載レンズ「LEICA ELMAR 35mm F3.5」の前面にはハードコートUVaフィルターが備えられている。

LEICA mini ELMAR 35mm F3.5
LEICA mini ELMAR 35mm F3.5

レンズ構成は3群4枚。てっきりテッサータイプかと思い込んでましたが、1群目が貼り合わせの独特な構成。ライカが特別に設計したと言うのも大げさな話ではなさそうです。

絞りは後玉より後方のシャッター羽根と兼用のビハインドシャッターです。

LEICA mini電源オンでレンズがスタンバイされた状態。

ウィ~ンと繰り出す動作は割とのんびり、シャッタータイムラグもそこそこ大きく、咄嗟のシャッターチャンスには弱そうだが時代的にはどのAFコンパクトもこんなものでしょうね。

操作なしで5分経過後に自動電源オフが作動します。

LEICA miniカメラ上部。左肩には液晶画面があり撮影状態が確認出来る。

モードボタンでストロボ設定や無限遠モードの切り替えを行う。ストロボ発光停止モードでは最長5秒のバルブ撮影も可能。

ボタン類はシャッターボタンのみプラ製で他はラバー製。

LEICA miniデート機能を備える背面は一番チープ感が強いかも。

デート日付機能は2019年まで。裏蓋内にCR2025のボタン電池が必要です。

ファインダーの見え心地はなかなか良好でプラカメとしては快適に撮影出来るレベル。ファインダー上部にはAF/AE確認のLEDランプがあります。

LEICA mini裏蓋を開けたフィルム室。フィルムガイドレールや圧板もプラ部品です。

DXコードの対応はISO50~1000まで。DXコードなしのフィルムは100に固定される。モルトはフィルム確認窓にのみ使われています。

LEICA mini個人的に高く評価したいのが裏蓋のロック爪の形状。よくあるフック状ではなくプレート型なので破損率も低そうだ。

一眼レフでさえココが割れてジャンクとなったものがありますからね。

LEICA miniパトローネ収納部にはライカの正規代理店だった日本シイベルヘグナーのシールが見える。輸入と言っても日本製なんだけども。

LEICA mini使用電池はリチウムCR123Aを一本。

充電式のCR123Aも試してみたが、液晶画面が怪しい表示を示したので使わない方が良い。

LEICA mini底面には三脚穴と日本製造を示す文字。

LEICA mini付属品に上質な作りの本革製ケースも付いてきたが、内側の素材が劣化しているのか黒い繊維がポロポロ出てくる。これはあまり使いたくない笑

 

まとめ

LEICA miniシリーズは当時から安価なコンパクト機扱いで、本当の高級コンパクトはLEICA minilux。と言うのは明白ですが、これも歴としたライカブランドのカメラですから普通のプラカメとは一線を画すものはある。何せライカですから…

一応、動作確認も兼ねたファーストロールも撮り終えていますが、特に不満もなくほぼフルオートで気軽にパチパチ撮れる可愛げのあるカメラですね。

エルマーの描写も他のプラカメとはちょっと違うかも!?と思わせる実力は感じ取れたと思う笑 いや普通に写りは良かったです。

以上【LEICA mini(ライカミニ)】の外観レビューでした。

【フィルム作例】LEICA mini 実写レビュー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。