【銘玉】CONTAX Planar T* 50mm F1.4 MMJ 外観レビュー

今回は私のお気に入り【CONTAX Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 MMJ】の外観レビューです。

 

ヤシカコンタックスを代表する標準レンズ

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 MMJ

※Carl Zeissのレンズ表記は1.4/50などが正しいと考える方もいるかと思いますが、当ブログでは焦点距離(mm)、開放値(F)で統一表記します。京セラ発行の当時のカタログなどを見ても特にこだわりはなさそうですしね。

「写真はレンズで決まる」「作品主義」など堂々たるキャッチコピーでプロ、アマ問わず支持されたヤシカ/コンタックスのCarl Zeiss T*(ティースター)レンズ群の中で、不動の標準レンズとしてラインアップされていた単焦点レンズ
「ヤシコンプラナー」と言えば、この50mmか【Planar T*85mm F1.4】が抜群の人気と知名度を誇ります。

マウントヤシカ/コンタックス
レンズ構成6群7枚
最短撮影距離0.45m
絞り枚数6枚
フィルター径55mm
全長×最大径41×62.5mm
重量275g

今回のレンズタイプは【MMJ】

MM・・・「Multi Mode」
J・・・「Japan/日本製」
を表しています。

他にドイツ製(West Garmany)のAEG、MMG、初期日本製のAEJがありMMJは生産ロットとしては新しい部類に入ります。
このレンズタイプの違いはヤシカコンタックスのオールドレンズを入手する際に、
基本的なレンズコンディションの他に確認すべき必須項目の一つとなります。
この辺りの話はネット上にいくらでも詳しい解説があるのでそれらを参考にしたほうが良いです。

 

Planar T*50mm F1.4外観チェック

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 MMJ

SONY α7IIIにマウントアダプターを介して装着
一眼レフ用のレンズだが大きさは小型の部類なのでバランスを崩すことはない。
むしろアダプター分、長くなったことでピントリングと絞りの位置が操作しやすい位置にあることが個人的に気に入っている。

α7IIよりもわずかにグリップが大きくなり全体的に剛性が増したα7IIIはCONTAXのレンズがより似合うようになったと思う。

ソニー純正のZeissレンズ【Sonnar T*FE 55mm F1.8 ZA】と並べてみると、ほぼ同等のサイズ。時代、発売メーカーが違うZeiss標準レンズを一つのボディで使えるなんて素晴らしい時代になったもんです。

contax planar 50mm f1.4 MMJ

フィルター径は「55mm」でCONTAXの小型レンズは大半が55mm径で統一されています。
絞り羽根は6枚で緩い六角形。上の画像は「F2.8」まで絞り込んだ状態ですが、この辺りの絞り形状でAEとMMタイプの違いが一目でわかりますね。
初期のAEタイプは絞り形状がギザギザで「手裏剣」と比喩されています。

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 MMJ

マウント側。T*コーティングが美しく、大きな後玉がいかにも多くの光を撮像面へ通しそうです。
ここでもAEとMMを見分ける方法として「マウント爪」の金属部品の違いと、マウント外周にある「MM用認識ピン」有無があります。

 

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 MMJ

最短撮影距離は標準レンズとして極々普通の「0.45m」
でもこれより古いオールドレンズ使ってると、この平凡な0.45mがとてもありがたく感じるw
最小絞り値のF16がグリーンで着色されているのもMMタイプの特徴。

 

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 MMJ

純正ボディ「CONTAX 167MT」に装着。当たり前だが一体感あります。
いつかフィルム撮影もするかと思って入手したカメラだが、ずっとお留守番。
だがファインダー倍率0.82倍はAF一眼レフでは味わえない迫力と見え易さで、それで行うマニュアルフォーカスの気持ち良さは触っているだけでも楽しい。

 

CONTAXへの個人的な思い入れ

さて、この【CONTAX Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4】が語られる際は、かなりの場面で「標準レンズの帝王と言われる~」と紹介されますが、
ぶっちゃけこれはメーカー側(ヤシカ/京セラ)が発信元のキャッチコピーであり、決してどこかの著名なカメラマンがそう褒め称えたとかではありませんw

当時のカメラ雑誌など見ても「ごくごく平凡」「他メーカーとほぼ同一」と冷静な評価が多く、なんとも言えないギャップがあります。
ですが、基準レンズとも言われる「50mm F1.4」は各社レンズラインアップでは欠かせない“看板レンズ”でもあるので決して手は抜けず高いレベルで性能が拮抗しているのも分かります。

当時の各社50mm F1.4のほぼ全てが「6群7枚」で構成される“変形ダブルガウス型”なのですが、このレンズ構成が非常に完成度の高いものなんでしょうね。その後AF化され今でも現行品として販売されているものもあります。

Planar50mm F1.4 6群7枚 構成図

私がCONTAXレンズについて気に入っている所は、何と言ってもツァイス主導で作られた製品クオリティの高さです。

使うほどに分かる快適な操作性(特に絞り操作は別格)と耐久性のあるレンズ鏡胴の作りの良さ。ツァイス自慢の多層膜 T*(ティースター)コーティングなどは同年代レンズの中でも特に優れていると感じています。

また、気持ちの問題ではあるけどツァイスレンズで撮る”と言う特別感は良いもので写真を楽しむ上では大切なことだと思いますね。

以上【CONTAX Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 MMJ】の外観レビューでした。

実写レビューは以下のリンク

【オールF1.4】α7III×CONTAX Planar T* 50mm F1.4 MMJ 実写レビュー

SONY α7III×CONTAX Planar T*50mm F1.4 ちょい作例

 


 

CONTAX Carl Zeiss PlanarT* 50mm F1.4

CONTAX Carl Zeiss PlanarT* 50mm F1.4

Amazonの情報を掲載しています

 

スポンサーリンク


コメントを残す