【改造レンズ】α7III×RICOH R1s 24mm F8 実写レビュー

RICOH R1sの搭載レンズ「RICOH LENS MC 30mm F3.5 / 24mm F8」の実写レビュー

 

自称 “チープ・ホロゴン”の描写は如何に

写真は全てRICOH R1sワイドパノラマの「24mm F8」です。

使用ボディはSONY α7III
Adobe LightroomでRAW現像 周辺減光、歪曲、色収差、補正なし

レンズ外観レビューは以下リンク
【改造レンズ】RICOH R1sのパノラマレンズをミラーレスで使う

RICOH R1s 24mm F8

出ました。コレコレ、この周辺減光こそが最大の特徴。
暗部を持ち上げると四隅にディテールが存在するのでケラレではないようです。

周辺のマゼンタ被りはα7IIIの“裏面照射型CMOSセンサー”でほぼ発生しません。代わりにマゼンタならぬ青緑の「シアン被り」が出る。

光学的な欠点には違いないが、曇り空では案外これがイイ味出してくれるのです。「CONTAX G HologonT*16mm F8」でも裏面照射の場合シアン被りが出るようです。

ちなみに初代α7では強烈なマゼンタ被りか発生します。

RICOH R1s 24mm F8

各部拡大。中央部は割とマトモ。周辺の流れは当然(笑)として、中間域辺りから危うい画質ですね。

RICOH R1sのワイドパノラマ24mmはフィルムのオリジナルボディでも「24mm×36mmのフル画角」で使う改造をした場合、描写に影響の出るレンズなのでデジタルでこれだけ写ってくれたら十分です。そもそも素人の改造レンズですからねw

少し気になるのは、初代R1のマイナーチェンジ機であるR1sは、レンズのマルチコート化とだけリコーHPで記載されていますが、周辺描写も改善しているとの不確定情報もあります。私は当時の世評を知らないので何とも言えませんが。

 

RICOH R1s 24mm F8

少し撮り始めてすぐに気付いたのは“測光モード”の設定。
メーカーによって名称は違うが「平均評価」や「マルチ」など画面全体の明るさをバランス良く調整する測光モードでは、強烈な周辺減光までも明るくしようとするので、逆に中央部が露出オーバーになりがち。普通のレンズだとこんな事にはならん。

そこで測光モードを「中央重点」に変更するとレンズの持ち味を活かしつつ、安定した露出になる。

RICOH R1s 24mm F8

自転車のハンドルに寄って撮影。F8でも背景は一応ボケる。ピント部も割とシャープで近接撮影は得意なのかも。

RICOH R1s 24mm F8

RAW現像はしていますが、とにかく目に付くのはやたらと高いコントラスト。
これは盛大な周辺減光の効果でそう見えるだけで、冷静に中央部だけ見れば普通だったりします。

とは言え、その中央部でもコンパクトカメラのレンズとしては高コントラストで優秀。

RICOH R1s 24mm F8

RICOH R1s 24mm F8

仄暗い路地裏撮影にはぴったりのレンズかも知れません。トンネル効果バツグン。

RICOH R1s 24mm F8

RICOH R1s 24mm F8

街中スナップのような撮り方ではあまり気になりませんが、本来パノラマで隠される部分の歪曲はかなりキツイです。少し波打ってるような感じでLightroomで修正するのも難しそうです。

RICOH R1s 24mm F8

RICOH R1s 24mm F8

パノラマを意識して横長のトリミングをしてみました。意外と雰囲気出てるかも。

RICOH R1s 24mm F8中央部拡大

 

RICOH R1s 24mm F8

手持ちでスローシャッター切りましたが、さほど意味はナシ。

RICOH R1s 24mm F8

モノクロとの相性も良い。かなりシブイ描写のレンズになりそう。

RICOH R1s 24mm F8

RICOH R1s 24mm F8

F8固定なので辺りが暗くなるにつれて手持ちは厳しくなります。

 

まとめ

結論として、かなりイイものが出来たと思ってます。もちろん改造レンズとしてはね。

非常にコンパクトなので取り回しが良く、24mmで撮る街中スナップが想像以上に楽しい。F8固定も日中では問題にならず、絞り設定を気にしなくて良いのもラク。

まぁ、ある程度シチュエーションを選ぶレンズなので、これからの活躍は多くはなさそうですが、たまにはこう言うレンズもイイですね。

以上、RICOH R1s 24mm F8の実写レビューでした。


ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

211,000円(06/16 11:48時点)
Amazonの情報を掲載しています
駄カメラ大百科

駄カメラ大百科

石井正則
2,160円(06/16 00:38時点)
発売日: 2018/07/21
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

コメントを残す