SONY α7IIIとFEレンズで工業地帯を撮影

SONY α7IIIで工業地帯を撮影してきました。

 

SONY α7III -Industrial photography-

ボディ:SONY α7III

レンズ:
SONY FE 12-24mm F4 G
TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXD

Adobe LightroomでRAW現像

TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXD

TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXD

工業地帯には大量に積まれた業務資材など、普段身の回りでは見られないインダストリアルな被写体が目白押し。

三脚を携えてじっくり撮る工場夜景も好きなんですが、ふと目に入った被写体を撮り歩くスナップスタイルの方が個人的には楽しいですね。

TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXDいかにも『圧縮効果を是非ご利用下さい』な大量のパイプ。

TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXD

TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXDサビ鉄の中でも逞しく咲く。

TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXD70-180mmのワイド端マクロモードで接写。

TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXDニャンコとフェンス越しに目が合った。

SONY FE 12-24mm F4 G

SONY FE 12-24mm F4 Gこの場所を超広角で撮りたかった為にFE12-24mmを持ち出した。

しかし肉眼で見た迫力、空気感はなかなか伝わらないですねぇ。

TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXD

TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXD

TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXD何気に猫との遭遇率が高い日でもあった。

 

TAMRON 70-180mm F2.8の使い勝手がすこぶるイイので必然的にメインレンズとなりますね。今まで使った望遠レンズでは一番の歩留まりの良さです。

SONY FE12-24mm F4 Gも相変わらず期待に応えてくれる銘レンズですが、はやり使用目的をキッチリ決めて持ち出さないと画角に翻弄されがち。

正直、レンズ沼にハマらなければこの2本でほぼ満足なのでは…?と思ってしまいますがもはや手遅れか笑

以上、工業地帯の撮影記録でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。