【ぐるぐるボケ作例】Lensbaby Twist 60 実写レビュー

【Lensbaby Twist60/60mm F2.5】の実写作例レビュー

 

ぐるぐるボケの大本命レンズ!

ボディはSONY α7III AdobeLightroomでRAW現像
絞りは記載のない限り「開放F2.5」

レンズ外観レビューは以下
【ぐるぐるボケ】Lensbaby Twist 60 外観レビュー

Lensbaby Twist60

いきなりですが【Lensbaby Twist60】が如何にぐるぐるボケを出すために作られたレンズとは言え、何を撮ってもグルグルになる訳ではないです。

絞りは基本開放でOK。強く意識するのが被写体と背景との距離。

「カメラと被写体はより近く、背景はより遠く」がポイントですが、いざ撮りだしてみると

Lensbaby Twist60

レンズベビーは日本語の情報が少なく、作例豊富な公式HPを参考にしている。

【Twist 60 │ Camera Lens With Swirl Effect】

英語ではぐるぐるボケを“Twisty Bokeh”とか“Swirly blur”って呼んでいるようですね。

Lensbaby Twist60これはグルグルが不十分だった例。背景の距離は十分にあったが、テクスチャーが弱かったのだろうね。

またクセボケレンズ全般に言えることだが、一眼レフの光学ファインダーよりもライブビュー撮影やミラーレスの電子ファインダーの方がピントの合わせ易さとボケ具合の視認性は段違いに良いです。

Lensbaby Twist60これはグルグルの条件がイイ感じにハマった。

ところでTwist60はフルサイズでの使用を強く勧めます。例えば上の写真をAPS-Cにクロップしたとすると周辺のグルグルはスポイルされてしまいインパクトの薄い写真になります。

以前にAPS-Cのα6000で使ってみたけど満足の行く結果は得られなかった。

Lensbaby Twist60

海外サイトでぐるぐるボケレンズの王道「Helios 44-2」との比較レビューがあったが、ほぼ全ての状況でTwist60が勝っていた。Heliosの美点は安価で入手可能なことでしょうね。

以下で絞りを変えて簡単に比較みました。

Lensbaby Twist60F2.5

Lensbaby Twist60F4

Lensbaby Twist60F8

絞ってもグルグルは残るが開放と比べると物足りなさを感じる。

Twist60の絞りは玉ボケの口径食を整えたい時に微調整する程度がいいかも。

F2.5 拡大
ピントは思いのほかシャープ。

ぐるぐるボケが強く出るオールドレンズは開放描写の柔らかいものが多いが、Twist60は最新のぐるぐるボケレンズだけあって開放から高コントラストでシャープな写り。これが被写体を一層浮き上がらせる。

ただし、シャープなのは中心部だけで周辺は絞っても流れっぱなしです。まぁそれがレンズベビーの設計思想でもあり、その辺りを楽しめる人向けのジャンルですよね。

Lensbaby Twist60開放+逆光でフレア、ゴーストを出してみた。

レンズはマルチコートであるものの、逆光耐性はご覧の通り。しかし画質は破綻せず、絶妙な所で持ちこたえてる。虹色のゴーストも形が良く、演出の一つとして是非活用したい。

Lensbaby Twist60やっぱり一番手軽にグルグルを出すには木漏れ日ですね。

Lensbaby Twist60

低彩度の渋めに仕上げても雰囲気出ます。

Lensbaby Twist60

Lensbaby Twist60これはグルグルは弱いけども、被写体が浮き立つ描写は60mm F2.5のレンズとは思えない。

Lensbaby Twist60遠景でも割とグルってる。

Lensbaby Twist60F4

ベンチの下に仲の良いニャンコがいました。60mmはスナップにも使える画角。

 

まとめ

Twist60はぐるぐるボケ専用レンズなだけあって、3つの特殊レンズを搭載した「Lensbaby Trio28」のTwist/28mmと比べると遥かに使い勝手が良いです。

Twist60を最も活かせるシーンは、撮影状況をコントロールできるポートレート向きでしょうね。実際ポートレートレンズみたいな位置付けで紹介されていますし。

被写体を探して撮り歩くスナップだと慣れが必要かも知れません。それでもレンズベビーの中では使いやすい部類に入るのかな?

Helios-44よりもっとグルグルが欲しい人や、ロモグラフィーのペッツバールは趣向的過ぎると思う人は試してみてもイイんじゃないでしょうか。ケンコートキナーのアウトレットではたまに在庫処分価格で出ていることもありますよ。

以上【Lensbaby Twist60/60mm F2.5】の実写レビューでした。


BOKEH PHOTO FAN (ボケ・フォト・ファン) (玄光社MOOK)

BOKEH PHOTO FAN (ボケ・フォト・ファン) (玄光社MOOK)

堤 一夫
1,980円(10/21 11:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。