【3WAYレンズ】Lensbaby Trio28 外観レビュー

LENSBABY/レンズベビーのエフェクト切り替えレンズ【Trio28/28mm F3.5】の外観レビュー

Trio28は見た目も写りも超ユニーク

まずはSONY α7IIIに装着した姿を見て欲しい。

Lensbaby Trio28

うえぇ、何じゃそのレンズ!?って二度見しそうな面構え。
まるで最新スマホのトリプルカメラようです。実際は電子部品が一切ないアナログなレンズだけどね。

まともに撮れるレンズは一本もないと言える(褒めてます!) アメリカ レンズベビー社製の3つの特殊効果レンズを1本にまとめた「Lensbaby Trio28/28mm F3.5」
焦点距離は28mm、F3.5の固定絞り。レンズ先端を回転させることで、それぞれを切り替えることができる。

ミラーレス専用設計で対応マウントはソニーE、フジX、マイクロフォーサーズの3種類。一部海外ではCanon EF-M版も販売。

現在は3つのフィルターが同梱された「ホリデーキット」が現行品となっている。私はレンズ単体を中古品で入手。

【ケンコー・トキナー公式HP:ホリデーキット Trio28】

Lensbaby Trio28

APS-Cのα6000に付けるとシルバーカラー同士でなかなかマッチ。
重量も約190gで軽いがレンズ径がデカイのでボディが少し浮く。それにしてもユニークな見た目です。デップリしてるけど薄い。これはカワイイと言ってイイのか?

Lensbaby Trio28

ターレット式でレンズが回転するので上の画像を見ての通り、光軸中心のレンズにのみ光が入射します。カチッカチッと手ごたえのあるクリック感があり不意にレンズが回転することはない。回転部は金属製、周りの三日月状のパーツはプラ製。

搭載レンズは「Twist/ツイスト」「Sweet/スウィート」「Velvet/ベルベット」の3種類。構成や効果は以下の表

 レンズ構成効果
Twist/ツイスト3群4枚グルグルボケ
Sweet/スウィート3群3枚周辺の流れ
Velvet/ベルベット2群3枚ソフトフォーカス

それぞれの効果をザイデルの5収差に当てはめれば

Twist:非点収差
Sweet:像面湾曲
Velvet:球面収差

と言ったところでしょうか。ワザと収差が出るように設計しそれを自在に切り替えられるなんて、いろいろイカれてるクレイジーレンズ。

Lensbaby Trio28

これは第4のレンズと言うべきか、レンズの回転を中間位置で止めることで2つのレンズを同時に使用することが可能。多重露光のような写真が撮れるが相当なセンスが求められる気がする。

この使い方はレンズベビーの海外公式HPでも紹介されており、撮影をもっと自由に楽しんで欲しいと言うメーカーの哲学がよく表れている。

【Lensbaby.com:Trio28】

Lensbaby Trio28

反射色を見る限り3つともマルチコートのようです。またレンズ前面にカバーガラスも組み込まれている。
正直、このカバーガラスは防汚性能はあまり良くない。製品の特性上、レンズ先端を触ることが多く不意に汚れてしまう確率は高いので保護フィルターは装着したいところ。

Lensbaby Trio28

フィルター径は「46mm」でKenko PRO1Dを装着。
フィルター枠のローレットで指掛かりがよくなりレンズ保護の他、切り替えの操作性が抜群に上がる。・・・とオススメしたいところですが、フルサイズ使用時には四隅にケラレが発生してしまいます。これはケンコーの製品ページでも記載されています。

薄枠設計のPRO1Dでケラレるので、現状影響なく装着できるフィルターはないかもしれない。レンズがフィルター径の中心に配置されていないことが原因だろう。

Lensbaby Trio28

最短撮影距離は「0.2m」で28mmの広角レンズとしてはかなり寄って撮影できる。
ピントリングは金属製。トルク感も申し分なく、径が太いのでピント合わせは良好。

Lensbaby Trio28

マウント部も金属製でしっかりした作り。

電子接点はないのでボディ内手ブレ補正搭載のカメラはマニュアルで焦点距離をセットします。

レンズ効果サンプル

このTrio28は使っている時は非常に楽しいのだが、PC画面で見返すと何やコレ?みたいな写真が多く、実写レビューとしてまとめるほどの作例が足りません。かなり苦戦してますw

とりあえず3つのレンズ効果が分かるサンプルのみ上げておきます。

Lensbaby Trio28 (Twist)

Twist

ワザとグルグルボケが出るように設計しているだけあって効果は超強烈。ちょっとやり過ぎなんじゃ?と思うほど。撮影距離が近く、背景に奥行きがあるほどグルグルは強くなります。
その反面、中~遠距離での効果は弱く、クローズアップして撮りたい被写体がある時は積極的に使いたい。

中心部は思いのほかシャープなのもポイント。

Lensbaby Trio28 (Sweet)

Sweet

個人的に一番のお気に入りがこのSweet
画面中心から放射状に周辺が流れていく最もレンズベビーらしい描写。玉ボケも出しやすい。

どの距離でも適度に効果が出るので最も使いやすく、デフォルトのレンズとしている。

Lensbaby Trio28 (Velvet)

Velvet

ソフト効果のVelvetでも周辺のグルグルボケは結構出る。確かに一番ソフトな描写だ。3つ中最も被写体を選ぶ印象で、イマイチ使いどころが掴めなく使用頻度は低い。
これはあえてアウトフォーカスにしてシルエットを強調するレンズだと思う。

また強い光源があると光源の周囲に独特の光芒が出るようだ。

まとめ

レンズベビーの「Twist」「Sweet」「Velvet」は元々それぞれ単体レンズとしてラインアップされていたものを簡略化して1本にしたのがこのTrio28です。

機能特化した単体版と違い暗めのF3.5で固定絞り、Sweetはチルト機構なし、など見劣りする部分は少なくないが、お手軽と言う点においては一番コスパが良い。

 

解像するのは中心部だけなので下手に構図を作ろうとすれば、かえって手間取ります。またどのレンズでも共通する点は階調が狭く黒つぶれ、ハイライトが飛びやすい傾向であること。思い通りのイメージで作るならRAW撮りは必須だと思います。

かなりのイロモノレンズなので合わない人はすぐに飽きるかも知れませんが、私は使いこなしたくなる魅力のあるレンズだと思いますよ。
以上【Lensbaby Trio28】の外観レビューでした。


スポンサーリンク


コメントを残す