【京都宇治】CONTAX Aria フィルム作例

CONTAX Ariaのフィルム作例

 

CONTAXで撮り歩いた京都宇治

ボディ:CONTAX Aria
レンズ:
Distagon T*18mm F4 MMJ
Sonnar T* 100mm F3.5 MMJ

使用フィルム:Kodak ColorPlus200

Nikon ES-2でデジタイズ後、Lightroom+Negative Lab Proで書き出し。

CONTAX Sonnar T*100mm F3.5

今回のフィルム作例は去年に撮ったもので、デジタイズ後に放置していたものをようやくアウトプット出来ました。

こう言うのは現像後のモチベーションが高い内に一気に仕上げないと、どんどん後回しになってしまいますね…

CONTAX Sonnar T*100mm F3.5あるお寺にいた看板ニャンコ

CONTAX Distagon T* 18mm F4

CONTAX Distagon T* 18mm F4オールドレンズなので流石にゴーストが出ていますが、太陽を直接フレームインさせてこれだけ持ちこたえればかなり優秀なんじゃないでしょうか。

CONTAX Sonnar T*100mm F3.5

銘玉揃いのヤシコンレンズの中では圧倒的に存在感の薄い「SonnarT*100mm F3.5」スペックだけ見れば何の取り柄もない中望遠だが、

一度使ってみればフィルム、デジタル問わずその実力の高さに驚くはず。暗めのF3.5と引き換えに描写は開放から完璧に近い。ピントの山も非常に掴みやすく、軽量コンパクトなスタイルはアリアとベストマッチだ。

CONTAX Sonnar T*100mm F3.5

CONTAX Sonnar T*100mm F3.5宇治川 屋形船 アオサギ

CONTAX Sonnar T*100mm F3.5

CONTAX Distagon T* 18mm F4

宇治名所である平等院にも行ったのですが想像以上に賑やかで何か、う~んな感じでした…

CONTAX Distagon T* 18mm F4

夕刻になると一気に人が減り静寂が訪れる。

CONTAX Sonnar T*100mm F3.5

今回は18mm F4と100mm F3.5の小口径コンビでしたが、どちらも開放から安定して使える高性能レンズです。

そして何より軽量コンパクトは正義で軽快に撮り歩くことが出来た。個人的にはデジタル一眼レフはもう使わないかも知れないが、フィルム一眼レフは使う機会がまだまだありそうだ。特にファインダー倍率の高いMF機ね。

以上。CONTAX Ariaのフィルム作例でした。


CONTAX Aria CONTAX ARIA

CONTAX Aria CONTAX ARIA

Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。