【Nikon ES-2】でネガフィルムをデジタイズしてみた

【Nikon フィルムデジタイズアダプター ES-2】を使ったネガフィルムのデジタル化。

 

自前で高画質にフィルムデジタイズ

数年前、気まぐれに35mmフィルムを購入してから冷蔵庫にず~っと保管してるのを見て、いよいよ消費しないとヤバいかなと思い始めたらフィルム撮影意欲が湧いてきました。

nikon ES-2

フィルムカメラとレンズは既にある。正直言ってプリントには関心がなく、フィルムスキャンと言うものには前々から興味があった。

そこで【Nikon フィルムデジタイズアダプター ES-2】を新たに導入しネガフィルムのデジタイズ(デジタルデータ化)をやってみました。

Nikon フィルムデジタイズアダプター ES-2

Nikon フィルムデジタイズアダプター ES-2

17,818円(02/21 21:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

【ニコン フィルムデジタイズアダプター ES-2製品ページ

やっぱり躊躇してしまうのがES-2の価格。まぁ~正直言ってお高いですね。自分でも道楽だなと思ってます笑

コレに決める前は同価格帯のフラットベッドスキャナー「EPSON GT-F740」と迷ったがデカくて場所を取りそうなのと、ES-2の方がリセールバリューも良いのが選定理由。

エプソン スキャナー GT-F740 (フラットベッド/A4/4800dpi)

エプソン スキャナー GT-F740 (フラットベッド/A4/4800dpi)

18,400円(02/21 21:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

nikon ES-2実はフィルムデジタイズ自体は過去にES-1で少し行ってました。しかしES-1はスライド専用なので連続コマのネガを通すには少々小細工が必要。それでもなかなか満足の行く結果にならず直ぐに飽きてしまった。

使い勝手が向上したES-2だと作業スピードが全然違うので、少量のネガなら作業感もなく楽しい。

とは言え巷の評判通り、手放しで絶賛出来る程の製品クオリティではないのは事実。例えば、
・高級感がない。価格の割にはプラ部品が多い。
・フィルムホルダーに微妙な遊びがあり、常に微調整が必要。

まぁしかしアマチュアが手軽かつ高画質にデジタイズ出来る製品ではこれ以上のものはないでしょうから仕方ない。

以下では私が行った使用方法を紹介しますが、
ES-2の使い方はニコン公式HPやフォトヨドバシさんの記事が最強だと思うので、そちらの方が確実に有益でしょう。

【Nikon Digitutor:D850/フィルムデジタイズ1 ネガ基本編】

【PHOTO YODOBASHI:Nikon フィルムデジタイズアダプター ES-2(ポジフィルム編)】

デジタイズ後のフィルム作例に進むならこちら

 

こんな感じで使ってます

nikon ES-2Nikon推奨のカメラとマクロレンズは持っていないので、私はこんな組み合わせで使ってます。


ボディ:α7III
レンズ:CONTAX Makro-Planar 60mm F2.8
ステップダウンリング67-52
中華製 M4/3延長リング No.3


防湿庫に鎮座していたデカいマクロプラナーが活用できました。コンタックスで撮影したネガをコンタックスレンズでデジタル化するのはちょっとしたロマン。

ネガを照らす光源は普段 物撮りに使っている撮影ボックス内のLEDライト。ボックス内の作業は多少のホコリ対策にもなる。

あとカメラ固定の三脚とブロアー、フィルムセット時の作業手袋は必須。

 


撮影設定
ファイル形式 RAW
ISO100固定・絞り優先F11
露出補正+1前後
この設定でシャッター速度は1秒前後になった。

※追記:絞りはF8、露出補正は+0.3~0.7あたりの方が良好な結果が得られた。

WBはネガの端などを使ってカスタムWB取得。おおよそ2500K辺りになる。

撮影倍率は等倍撮影ではなく、トリミングと角度補正の為に一回り程度の余白を作る。

撮影後はLightroomで編集し途中でPhotoshop Elements12を挟む方法が私の環境ではベストになりました。


LightroomでRAW展開
>他のツールで編集⇒PhotoshopElements12へ

フィルター/諧調の反転
自動カラー補正
回転/角度補正して切り抜き
TIFFで保存⇒Lightroomに戻る

ネガ縁をトリミング、WB&各トーン調整⇒書き出し


Lightroom単体でもトーンカーブを反転させればネガポジ反転になるのだけれど、その後の調整がなかなか面倒で思い通りに仕上がらない。

PhotoshopElements12の諧調反転後に行う「自動カラー補正」が色被りに対して非常に効果的で重宝する。

またネガ編集専用プラグイン「Negative Lab Pro」の体験版(12枚まで出力可)も試したが、あまり結果は変わりませんでしたので個人的には不要でした。

しかしこのプラグインはLightroom内で編集が完結するので作業効率が良く、調整項目も多い。有料プラグインなだけあって良く作り込まれているなと思いましたね。

【Negative Lab Pro プラグインページ】

それにネガ反転画像をもっと手軽に確認するならスマホアプリもあるのね。
【デジカメWatch:フォトアプリガイド NEGAVIEW PRO】

 

フィルムデジタイズ作例

ボディ
:CONTAX 167MT
レンズ
:Planar T*50mm F1.4 MMJ
:Distagon T*18mm F4 MMJ
フィルム
:FUJICOLOR 100/24枚撮り

CONTAX 167MT

CONTAX 167MT

今回使用した2本のレンズ18mmと50mmは、街中スナップだと撮り方にメリハリがついて使い心地が良い組み合わせ。

CONTAX 167MT

CONTAX 167MTミラーレスで使い慣れたPlanar50mmは本来のヤシコンボディでも同様に扱いやすい。

ファインダーはF1.4で明るく、倍率0.82の視界の広さ、これぞMF一眼だと強く実感出来る。

CONTAX 167MT対してDistagon18mmはミラーレス使用時以上にピントの山が掴みづらい。

遠景はともかく近接時はホントにピントが分からない笑

CONTAX 167MT

CONTAX 167MT

167MTの撮影モードは、絞り優先とMM(プログラムモード)を切り替えながら撮影しました。この時代のプログラムモードはまだまだ未成熟なのか「んん?何で?」って思う設定になることも。

まぁそれで撮っても失敗にはならないとは思いますけどね。

CONTAX 167MT

CONTAX 167MTはヤシコンボディでも人気は今一つですね。ダントツ人気のAriaに最も性能が近いボディながら、かなり安価なので手堅い中級機だと思いますよ。

とは言え、今フィルム一眼レフ使いたい人には、巻き上げレバー付や機械式シャッターが好まれるので、壊れたらお終いの電子シャッターカメラは全体的に安いですね(当時30万したRTSIIIが今1/10程度で買えちまうんだゼ…)

CONTAX 167MT

CONTAX 167MT

CONTAX 167MTDistagon18mmの歪曲の少なさは素晴らしい。

CONTAX 167MT

フィルムが写す赤の色味はデジタル=CMOSセンサーでは容易に出せないと思います。

ベッタリ塗ったような感じでもクドさはなくて好きですね。

CONTAX 167MT

CONTAX 167MT

CONTAX 167MT

 

まとめ

この日はフィルム2本目も使うかもと用意してましたが、とりあえず167MTの動作が正常なのかを確かめたかったので早めに切り上げ。

あとミラーレスのEVFに慣れた自分がOVFで正確にMFが出来ているのかも心配だったので笑

デジタイズした写真では明らかに変な写りはなかったので、結果として現状は問題なく作動しているようだ。

それにしても…この時点で実感してますがフィルムは不便を楽しめる心持ちがないと続きませんね。ランニングコストも掛かるし。ハマったら怖い。とりあえず、残ってるフィルムは早めに使いたい。

以上Nikon ES-2を使ったフィルムデジタイズレビューでした。


コメントを残す