【モノクロフィルム】CONTAX×NEOPAN 100 ACROS 作例レビュー

FUJIFILMのモノクロフィルム【NEOPAN 100 ACROS】の作例レビュー

 

一度は体験したいモノクロフィルム

今回はモノクロフィルム撮影に初挑戦しました。

使用したのは富士フイルムの定番モノクロネガフィルム【NEOPAN100 ACROS/ネオパン100 アクロス】です。

しかしACROSは既に生産終了、現行品はACROS IIとなっています。原料が変わって写りも違うらしい。

使用フィルムの使用期限は2018年ですが、カラーと比べるとモノクロは期限切れによる影響はごく軽微だと言う。少なくとも5年以内程度なら神経質になる必要はないはずだ。

●使用機材
ボディ:CONTAX Aria⇐New!

レンズ:
・Planar T*50mm F1.4 MMJ
・Distagon T*25mm F2.8 AEJ
・Sonnar T*100mm F3.5 MMJ

これまでのC/Yボディはコスパの優れる167MTでしたが新たに人気のAriaを追加しました。人気機種だけあって決して安くはないが、カメラ店や個人出品などに出ているAriaを見ると状態の良い個体は確実に減って来ている様子。今の内に入手しておこうと決断した。

またレンズにはコントラスト強調効果のあるモノクロ用のカラーフィルターを使いました。Distagon25mmにはR1を、他2本にはYA3を常用。

ケンコー・トキナーHP:黒白用フィルター

一眼レフなので当然ファインダーにはフィルターを通した濃いレッドやオレンジの景色が映る。意外とこれがモノクロの仕上がりをイメージしやすく結構イイ感じでした。

ただこれらのフィルターは減光効果もあるのでファインダーは少し暗くなります。

 

CONTAX×ACROS100 作例

撮影スポットは大阪大正区の工業地帯

Nikon ES-2でデジタイズ後、Adobe Lightroomで書き出し。

Planar 50mm F1.4/Neopan Acros 100

モノクロフィルムは現像工程がカラーネガと違うことから撮影後は少々勝手が違う。

最近の主流であるネット受注+郵送現像の格安店でも、受付不可or外注受付がほとんどで価格面でのメリットはほぼ無い。用具さえ揃えれば自家現像も難しくないそうだが、試しに1本撮っただけの私にはハードルが高過ぎる。

なので今回は失敗のないであろうカメラのキタムラに現像を依頼。こちらも外注現像で仕上がり日数は約20日と結構待たされた。

Sonnar 100mm F3.5/Neopan Acros 100

Sonnar 100mm F3.5/Neopan Acros 100

Sonnar 100mm F3.5/Neopan Acros 100対岸から造船所を撮影。

停泊していたのは日本の巡視船のようです。

Sonnar 100mm F3.5/Neopan Acros 100

Distagon 25mm F2.8/Neopan Acros 100空を大きく入れる構図には雲ないと物足りないね。

Distagon 25mm F2.8/Neopan Acros 100この空の黒さ/濃さなんかR1フィルターの効果が明確に表れているんじゃないでしょうか。

R1は効果がキツ過ぎて使い辛いと言う前情報でしたが、こう言った被写体には相性抜群でしょうね。

Distagon 25mm F2.8/Neopan Acros 100この諧調の豊富さには流石フィルムだなと納得。

Distagon 25mm F2.8/Neopan Acros 100

Sonnar 100mm F3.5/Neopan Acros 100右の工場タンクに備えられた螺旋階段…とてもじゃないが上れる勇気はない。

Distagon 25mm F2.8/Neopan Acros 100大正区の工業地帯も解体整備が進み、雄大なパイプラインが見えるスポットはココくらいになってしまいました。

Sonnar 100mm F3.5/Neopan Acros 100今回はPlanar50mmの出番は少なかったですねー。使うには使ったけどボツ写真が多かった。

代わりにSonnar100mmが活躍。このレンズは前から持っていたがブログ内では初紹介です。

マクロでもない最短距離1mの100mm F3.5なんて誰が欲しがるんだい??って思う地味~なレンズですが、開放から驚くほどシャープでデジタルで使っても全く隙を感じさせない端正な描写。

小型軽量でAriaでもミラーレスでもバランスが良く、相当な実力を持った隠れ銘玉ではないかと思いますね。

Sonnar 100mm F3.5/Neopan Acros 100

Sonnar 100mm F3.5/Neopan Acros 100

Sonnar 100mm F3.5/Neopan Acros 100

Distagon 25mm F2.8/Neopan Acros 100

Sonnar 100mm F3.5/Neopan Acros 100

Sonnar 100mm F3.5/Neopan Acros 100

 

まとめ

モノクロフィルムはプリントしてこそ良さが分かるとも聞きますが、デジタイズ画像でも後変換でモノクロ化したデジタルとは違うな、と言う実感はあります。

しかしフィルムはカラーネガで気軽に撮る方が自分には合ってるかな。モノクロでガッツリ撮ってる人は皆アーティスティックな感じで本気っぽいです。

期限切れで安く入手したモノクロフィルムがまだ数本あるので、ここぞと言う時に使いたいですね。

以上【FUJIFILM NEOPAN100 ACROS】の作例レビューでした。


FUJIFILM 黒白フィルム ネオパン100 ACROS Ⅱ135サイズ 36枚撮 1本

FUJIFILM 黒白フィルム ネオパン100 ACROS Ⅱ135サイズ 36枚撮 1本

1,040円(08/12 16:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。