【バブルボケ】Trioplan100mm専用 現像プリセットレビュー

Auto Takumar 105mm F2.8

バブルボケ撮影に活かせる情報はないかと、Meyer-Optik-Görlitz(メイヤーオプティックゴルリッツ)の公式HPで情報収集。

Meyer-Optik-Görlitz 公式HP

Meyerはドイツの老舗光学メーカーで戦後は吸収、倒産など良い結果は残せませんでしたが、近年のオールドレンズブームに乗じてバブルボケレンズの頂点「Trioplan100mm F2.8」の復刻を初めとした少数生産、高価格帯ブランドとして復活したようです。

※追記:非常に残念なことにMeyer-Optikは破産してしまったようです。現在はドイツの光学メーカー「OPC Optics」に買収され2019の再建を目指しているとのことです。この記事に貼っているメーカーのリンクは無効と思って下さい。

“【バブルボケ】Trioplan100mm専用 現像プリセットレビュー” の続きを読む