【充電器】SONY α7III用の互換品充電器レビュー

SONY α7IIIを使い始めて一か月も経たないが、使用する中で色々なことに気付く。

その一つとしてα7IIとの違いを大きく実感したのは新型の大容量バッテリー「NP-FZ100」による恩恵で、
ミラーレス一眼の弱点の一つであったバッテリー持ちの悪さを大きく改善した。
(背面モニター撮影時:約710枚・ファインダー撮影時:約610枚)

が、それと同時に気になりだしたのがα7IIIには「専用充電器」が付属しないこと。
充電器は個人の判断で別途購入してねってことなんでしょうが

ソニー純正の充電器「バッテリーチャージャー BC-QZ1」っておよそ一万円弱とやたら高い価格なんですよ、せっかくボディ買ったから一緒にどうですか、ってか?そんな余裕あったら充電器付属のα7RIII買っとるわ(笑)

ま純正品に勝る安心感は他では得られませんがね。

ポジティブにとらえると、この価格分α7IIIの本体価格から値引きされている!
とも思えなくもない??

ソニー SONY バッテリーチャージャー BC-QZ1

ソニー SONY バッテリーチャージャー BC-QZ1

8,031円(06/17 19:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

現行のSONY αシリーズのEマウントカメラはUSB接続による本体内充電が可能で
モバイルバッテリー接続で屋外充電も可能など便利な一方、
一部の上位クラス以外は専用充電器は付属させないと言うメーカーの意向もがうかがえる。APS-Cセンサー機では最上位の「α6500」でさえ専用充電器は付属しない。

まぁSONYの名誉のために言うとバッテリーの型番を可能な限り共有しているのでボディを買い増す度に同じ充電器が増えてもメリットは少ない・・・とか?
う~ん、やはりシンプルにコスト削減か。

グダグダ言いましたが要するに本体内充電に不便を感じてきたけど、
純正品は高いので激安の互換品の充電器を買いましたよってことです。

α7IIIの本体内充電

sony-α7iii-batterycharger

↑取扱説明書通りの充電方法は付属のmicro USBケーブルとACアダプターで充電するのですが、上の画像を見ての通り端子カバーを引き出してから押し下げるので、逃げ道のないカバー根元にイヤ~な負荷が掛かります。

sony-α7iii-batterycharger

↑ですぐに変えた充電方法が上のUSB Type-C端子を使っての充電。端子カバーに負荷が掛からず割とスマートです。でもこれもだんだん面倒になってきました。

それにType-Cケーブルはα7IIIには付属しておらず別途必要。
ちなみに取説によるとType-Cでも充電時間は変わらないとのことです。

 

Newmowa NP-FZ100 対応デュアル充電器

sony-α7iii-batterycharger

↑選んだのはNewmowaの2個同時充電可能の互換充電器
と言うかα7III発売直後、私がamazon探した時点ではこれしかなかったです。
追記:今では多数の種類が発売されており選択肢が豊富ですが、正直これより安いものはちょっと品質が怪しくなってくると思う。

中国メーカーのNewmowaはカメラアクセサリーがメインで互換品のバッテリーや充電器を多く出品してますね。
割とちゃんとした包装で付属のmicro USBケーブルは80cmです。
私の注文は中国からの国際発送でちょうど一週間でポスト投稿されました。

sony-α7iii-batterycharger

↑取扱説明書は英語と日本語の裏表2面。フォントは中華製って感じですが、文章は誤訳も少なくかなりマトモです。いずれにせよ本当に怪しい製品は取説なんて付けませんのでちょっと好印象。

sony-α7iii-batterycharger

↑Eマウント用のレンズリアキャップとサイズ比較。
材質は硬質プラ製(ABS?)で重量は約40gでした。

sony-α7iii-batterycharger

↑早速充電してみます。コンセントに挿す場合はACアダプターが必要です。
充電器本体を通電させるとまず充電ランプが[]と一回点滅します。これは取説通りの動作です。
とりあえずバッテリーを一個だけ差し込んでみましたが、軽くロックされる感触があり、載せてるだけって感じではない。
また充電するバッテリーは片方だけでも充電器が傾くなどバランスが不安定になることもありません。

sony-α7iii-batterycharger

↑2個同時に充電。充電ランプが二個とも赤/充電中を示しています。
充電器本体がほんのり暖かくなりますが、特に問題はなさそう・・・ですが、
一応最初は目の届く所で充電した方が良いですよね。

sony-α7iii-batterycharger

↑右側のバッテリーは充電前から残量85%位だったので先に充電ランプが
緑/充電完了になりました。
すぐにα7IIIに差し込むとちゃんとバッテリー残量「100%」が表示されています。
また左側のバッテリーは充電完了後しばらく放置していたのですが、既に充電器本体の微熱はなくなっていました。これは過充電保護回路などがちゃんと働いているのではと思います。
現状は特に不具合はなく使用できているようです。

追記:α7IIIとほぼ同時購入して一年近く経つが私のものは全く不具合はない。耐久性もなかなかイイと実感している。

まとめ

私はリチウムイオンバッテリーはメーカー純正派ですが充電器なら別に互換品でも構わないと言う考えです。もちろんレビュー等十分参考にしてから購入しますが。
海外メーカーのカメラアクセサリー類もただ単に安いだけじゃ売れなくなってきたのか品質も徐々に上がってきています。
特にマウントアダプターはノーブランド品の粗悪品はほぼ淘汰されたように感じますね。コスパの高さではK&F Concept一強かも。

全て純正品で揃える安心感は絶対的なものですが、予算の都合に合わせて別の選択肢があるのは良いことなのではないでしょうか。

※最後に純正品以外の充電器の使用についてはメーカーは推奨していないので自己責任にてご使用ください。


ソニー SONY リチャージャブルバッテリーパック NP-FZ100

ソニー SONY リチャージャブルバッテリーパック NP-FZ100

7,690円(06/17 19:30時点)
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

コメントを残す