【超広角】CONTAX Distagon T*18mm F4 MMJ 外観レビュー

ヤシカコンタックスの超広角 単焦点レンズ【CONTAX Carl Zeiss DistagonT* 18mm F4 MMJ】の外観レビューです。

 

ヤシコン定番の超広角レンズ

CONTAX Distagon 18mm F4 MMJ

【CONTAX DistagonT*18mm F4】はヤシカコンタックス初期からラインアップされており、広角レンズの中で1,2を争う銘玉と評されコンタックス末期までその地位は揺るがなかった。

コンタックスの超広角レンズ群はあまりにも高価な「DistagonT*15mm F3.5」、だいぶ遅れて登場した「DistagonT*21mm F2.8」など手を出しづらいレンズの中で、ツァイスとしては比較的手ごろな価格とコンパクトかつ高性能なこのレンズに行き着くのは至極当然でプロ、アマ含めかなりのユーザーが所有していたと聞きます。

他メーカーから同スペックのレンズが登場すると、カメラ誌では必ずと言って良い頻度で比較の対象とされていたとも。

そんなこんなでツァイスの18mmと言うレンズは余程印象強く残ったのか、21世紀になってコシナツァイスから一眼レフ用の「DistagonT* 18mm F3.5 」とレンジファインダー用の「DistagonT*18mm F4 ZM」が登場しました。が、残念なことに2本とも現在は生産終了品となっております。

現行品ではSONY フルサイズEマウント用のAFレンズ「Zeiss Batis 18mm F2.8」がラインアップしています。

さらにツァイスにこだわりがなければ同じヤシコンマウントの「Yashica ML 21mm F3.5」も銘玉と高く評価されていますね。

マウントヤシカ/コンタックス
レンズ構成9群10枚
最短撮影距離0.3m
絞り枚数6枚
フィルター径86mm※
全長×最大径51.5×70.0mm
重量350g
※70/86アダプターリング使用時

 

レンズ外観チェック

まずはこのレンズ外観の特徴であるコンパクトさを確認するため、他のヤシコンレンズと並べて比較してみます。

CONTAX Distagon 18mm F4 MMJ

左:Planar50mm F1.4 中央:Distagon18mm F4 右:Distagon25mm F2.8

超広角ゆえに前玉周りが少し太めだが、Distagon25mm F2.8よりも全長は短く、標準レンズのPlanar50mm F1.4とほぼ変わらない感覚で使用出来ます。

意図的な設計かは不明だが、ピントリングの位置が3本ともほぼ一緒なのが面白いですね。

CONTAX Distagon 18mm F4 MMJ

SONY α7IIIにマウントアダプターを介して装着。
アダプター分全長が伸びてしまうが、このサイズで超広角が撮れるなら全然余裕でホールド性も良くネガティブ要素にはならない。

CONTAX Distagon 18mm F4 MMJ

フロント側。大口径ではないが良い写りを期待させる面構えです。

CONTAX Distagon 18mm F4 MMJ

前玉は突出した出目金タイプです。レンズフィルターのネジ溝はなく、フィルターを装着したい場合は純正アクセサリー「70/86リング」が必要となります。

CONTAX Distagon 18mm F4 MMJ

70/86リングを装着。フィルター径はかなり大きい86mm」でラッパ状に広がった仰々しい雰囲気となる。

前玉の保護と引き換えに長所のコンパクトさを損なう上に、正直レンズフードとしての効果もほとんど期待できません。
Distagon18mmは逆光耐性に定評があり、空の色も濃く写るのでPLフィルターも基本不要。ハードな環境に持ち出さない限りこの状態で使うつもりはありません。

CONTAX Distagon 18mm F4 MMJ

最短撮影距離は0.3m 時代的にごくごく一般的です。
ピントリングを回すと先の前玉部ごと回転します。またフローティング機構設計で近接撮影時の画質低下を補正。

絞りリングは一段ずつのクリック。この個体は絞りリングのゴムが劣化して一部欠落してしまっている。

CONTAX Distagon 18mm F4 MMJ

リア側から。後期生産の日本製MMJは後玉周りの部品がドイツ製のものと比べて多少簡略化されているようだ。もちろんこれが直接光学性能へ影響することはない。

CONTAX Distagon 18mm F4 MMJ

レンズのフロントキャップはかぶせ式です。

下のキャップはレンズ付属のラバー製。経年劣化でボロボロになるようなヤワな材質ではありません。上の70/86リング用は金属製です。

CONTAX Distagon 18mm F4 MMJ

純正フィルム一眼レフ「CONTAX 167MT」に装着。標準レンズと見紛うコンパクトさは当時のユーザーから強く支持されたことが容易に想像できます。倍率の大きい光学ファインダーで見る超広角の視野はとても気持ちが良い。

まとめ

ヤシカコンタックスの広角レンズで銘玉と言われるこのレンズは今でも使ってみたいと考える人もいるかと思いますが、
進歩著しい広角レンズにおいて現代レンズとまともに対決すれば、広角ズームと同等以下と苦い評価をせざるを得ません。

しかし、私個人はDistagon18mmに大きな欠点はないと思います。オールドレンズですから周辺光量落ちは多少ありますし、隅々まで高解像でもありません。

それでも何か良い写りに見えることがあるのです。曖昧に言えば「レンズの味」なんですがそれが妙に画にまとまりを付けてくれると言うか、技量不足をごまかしてくれると言うか(笑)

光学的長所を挙げるならファインダーでも分かる端正に補正された歪曲収差は流石ツァイスの単焦点と頷けます。

以上【CONTAX Carl Zeiss DistagonT* 18mm F4 MMJ】の外観レビューでした。実写レビューは以下のリンク。

【超広角】α7III×CONTAX DistagonT*18mm F4 MMJ 実写レビュー


 

スポンサーリンク


コメントを残す