LEICA SUMMICRON-R 50mm F2 ROM 実写レビュー

【LEICA SUMMICRON-R 50mm F2(ROM)】の実写レビュー

 

ズミクロンR50mmをAFアダプターで快適に使う

今回の実写レビューは「LEICA SUMMICRON-R 50mm F2(ROM)」をLM-EA7でAF化して撮影したものです。

LEICA SUMMICRON-R 50mm F2 ROM

使い心地としてはAF性能については満足で鹿への動物瞳AFも実用レベル。

AF-C+連写をしているとたまにフリーズ⇒再起動することがあったが、MFでは逃していたであろうシーンも撮れたのでメリットの方が大きい。

ボディ:SONY α7III + LM-EA7
Adobe LightroomでRAW現像 レンズ補正なし

LEICA SUMMICRON-R 50mm F2 ROM

LEICA SUMMICRON-R 50mm F2 ROM

拡大 手前の鼻にAFが引っ張られることなく瞳を捉えている。背景の玉ボケはエッジが強めに出ておりややバブル傾向。

LEICA SUMMICRON-R 50mm F2 ROM

LEICA SUMMICRON-R 50mm F2 ROMLM-EA7のAF精度で端にピントを合わせるのは無謀なのでMFに切り替え

LEICA SUMMICRON-R 50mm F2 ROM

LEICA SUMMICRON-R 50mm F2 ROM

LEICA SUMMICRON-R 50mm F2 ROMやっぱり距離によっては背景に二線ボケが出やすいですね

LEICA SUMMICRON-R 50mm F2 ROM

開放でも実用性能ですが半段絞るだけでもコントラストやピントのキレが増すのがファインダー上でも分かる。遠景でもそれほど絞り込む必要は感じません。

LEICA SUMMICRON-R 50mm F2 ROM普通に使っている分には逆光耐性に問題は感じられません

 

まとめ

オールドレンズに対しては的外れな考えでしょうけど、ライカのズミクロンRとは言えレンズ構成は古典的な4群6枚のダブルガウスなんだよな、と思うことはありますね。かつての国内標準レンズだと廉価設計なイメージもありますし。

とは言えライカ基準で作られたものとなれば描写性能に抜かりはなく、このスペックのオールドレンズの中では抜きん出ています。

さらに“ライカレンズで撮る”と言う特別感は他のレンズでは得難いものがあり撮影意欲にも繋がる。重厚な作りの良さも所有欲が満たされます。

以上【LEICA SUMMICRON-R 50mm F2(ROM)】の実写レビューでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。