【マクロ】 α7III×OLYMPUS ZUIKO AUTO-MACRO 50mm F3.5 実写レビュー

前回のレンズ外観レビューに続いて実写についてレビューします。

レンズ外観レビューは以下リンクをどうぞ
【マクロ】OLYMPUS ZUIKO AUTO-MACRO 50mm F3.5 外観レビュー

 

 

撮影に使用したカメラボディは全てSONY α7III
JPEG撮影でクリエイティブスタイル「スタンダード」
後にホワイトバランス微調整した程度です。

OLYMPUS-OM 50mm F3.5 MACRO photo

カメラ設定や光の条件にもよるでしょうがコントラストは平凡と言うか、誇張なくあっさりした印象の写りが多かったです。

OLYMPUS-OM 50mm F3.5 MACRO photo

目立つ歪曲はなく補正処理は必要なさそうです。

 

OLYMPUS-OM 50mm F3.5 MACRO photo

F3.5開放絞りで桜を撮影
背景の少しザワザワした感じのボケ具合はダブルガウス系に近いかな?

OLYMPUS-OM 50mm F3.5 MACRO photo

絞り開放からピント部はシャープですが、拡大すると若干の滲みが見えます。
まぁオールドレンズとしてよくある事で何ら弱点ではないので、被写体によっては良い方向へ作用します。
F5.6辺りからはシャープネス、コントラスト共に上がり「キッチリ」した写りになります。

OLYMPUS-OM 50mm F3.5 MACRO photo

標準域の画角かつ開放値がF3.5と暗めなので、ピントを合わせた被写体のみをヌッと浮き上がらせるような撮り方は苦手で工夫が必要な感じですかね。

OLYMPUS-OM 50mm F3.5 MACRO photo

OLYMPUS-OM 50mm F3.5 MACRO photo

他に逆光なども試しましたが、特に強いフレアなどは発生せず逆光耐性は高そうです。

OLYMPUS-OM 50mm F3.5 MACRO photo

OLYMPUS-OM 50mm F3.5 MACRO photo

まとめ

今回、遠景の写真はありませんが絞ると画面隅まで単焦点らしい解像度を出してくれます。
現段階での印象は「クセなく安定の描写」と言った感じ。
今、オールドレンズを使う意味として、これを良いか悪いかと判断するのは個人の感性ですが、このレンズの最大の特徴はとにかくコンパクトで扱いやすいことでしょう。
OMマウントのマクロレンズとしては格下扱いですが作りも描写性能も決して手抜きは感じられません。

今日はコレでマクロ撮影するぞっ!て言うより、
「いつもより2歩3歩さらに寄れる標準レンズ」と思って気軽に使うのが良いのではと思います。

以上【OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-MACRO 50mm F3.5】の実写レビューでした。


 

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

207,655円(06/18 12:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

コメントを残す