Rollei QZ35W 実写レビュー2

ローライのコンパクトカメラ【Rollei QZ35W】のフィルム実写レビューその2

 

良くも悪くも独自性が強い超高級コンパクトカメラ

使用フィルムはFUJICOLOR 100/24枚撮り

Nikon ES-2でデジタイズ後、Adobe Lightroom+Negative Lab Proで書き出し。

カメラ外観レビューは以下
Rollei QZ35W 外観レビュー

Rollei QZ35W1/60 F4.5

今回の作例は夏頃に撮影したものです。フィルムはある程度撮りためてから郵送現像に出すので、デジタルと比べてアウトプットにどうしても時間が掛かってしまいますね。

Rollei QZ35W1/125 F5.6

さてネットの情報が極端に少ないこのカメラ。当時の評価が気になって97~98年頃のカメラ誌をいくつか見た所、それなりに広告も出しておりローライ渾身の高級カメラとして注目は集めていたようだ。

Rollei QZ35W1/250 F11

編集部によるレビュー内容は高品質なチタンボディや独自の操作系などは概ね好印象。

描写性能についての評価も上々で特に欠点は指摘されていないが、高級コンパクトへの誉れである「一眼レフ並み」とは頑なに言わない意思が感じられた。まぁ行間を読むと、所詮はコンパクト“ズーム”であって、単焦点搭載の高級コンパクト達と並べるには至らないと言った所か。

開発にはライカM、Rを意識したとあるが、そうであればこの贅沢なボディで大口径単焦点モデルを出さなかったのは明らかに戦略ミス。あまり言いたくないけど、このカメラは実用バリバリで使うプロやハイアマチュア向けと言うより「カメラ好きのお金持ち向け」な印象が拭えない。

Rollei QZ35W1/125 F5.6

そうは言っても流石にそこいらのコンパクトズーム機とは別格の立ち位置にいることは確かで、すぐに使い飽きるようなカメラではないことは実感している。

Rollei QZ35W1/60 F4

四天王寺の盂蘭盆会。毎年1万本のローソクが灯される万灯供養はコロナ過で中止となり今年は門に灯篭を下げる程度の規模でした。

Rollei QZ35W1/250 F11

足りない機能として自分好みに設定するカスタムモードが欲しかったですね。

例えばステップズーム機能。ズーム動作は無段階ではなく、28-35-45-60mmなどの順で段階的にズーム出来れば撮影テンポにメリハリが付くと思う。

この機能は既に80年代に発売された国産コンパクトズーム機にありました。

Rollei QZ35W1/125 F11

このカメラでもっとボケを出した写真も撮りたいんですけどね。思ったより被写体に恵まれない。

Rollei QZ35W1/60 F5.6

Rollei QZ35W1/125 F6.7

Rollei QZ35W1″ F11
ミニ三脚も用意して夕焼けを待ったが残念な曇り空。

 

まとめ

超高級コンパクトとして発売されたものの、今では誰も注目しないカメラとなっているので変に肩肘張らずに使えるのは良いこと。

不満はいくつもあるカメラですが、なんだかんだで所有するフィルムコンパクトカメラの中では信頼出来るポジションに収まっていますね。

以上【Rollei QZ35W】のフィルム実写レビューでした。


FUJIFILM カラーネガフイルム フジカラー 100135 FUJICOLOR-S 100 24EX 1

FUJIFILM カラーネガフイルム フジカラー 100135 FUJICOLOR-S 100 24EX 1

627円(11/27 14:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。