ZYKKOR MC 35-70mm F2.8 実写レビュー

MF標準ズーム「ZYKKOR MC 35-70mm F2.8(ニコンF用)」の実写レビュー

 

韓国製ズームレンズの実力

ボディはSONY α7III Adobe LightroomでRAW現像 レンズ収差補正なし

レンズ外観は以下リンク
謎のZYKKOR 35-70mm F2.8 外観レビュー

ZYKKOR 35-70mm F2.8

「ZYKKOR MC 35-70mm F2.8」はちょっと珍しい“Made in KOREA”のMFズームレンズ。
F2.8通しと思わせて実は「F2.8-4」だったりします(笑) また製造元はSamyang説が有力。

撮影確認した結果から言えば、70年代後期~80年代中期辺りのタムロン、シグマ、コシナなどの同クラスレンズと比べても見劣りしない性能はあると見ました。

まぁ「時代相応」と言ってしまえばそれまでのレンズではありますがね。

MC(マルチコーティング)を謳ってはいるが逆光耐性は低く、あらゆる状況でコントラストが低下します。ファインダーを覗いて「あ~、ダメじゃん・・・」と思いながら撮影しました。RAW現像時にはコントラスト中心にレタッチ。

ZYKKOR 35-70mm F2.8

焦点距離は50mm辺りでF11だったと思います。
以下で2ヶ所を拡大。

ZYKKOR 35-70mm F2.8中央部

ZYKKOR 35-70mm F2.8右下

中央部のフレアや周辺の色収差に目をつむって、解像度だけ見れば意外と悪くないでしょう?AFの前玉がギュルギュル回る安ズームなんか片ボケ起こしてヒドイものもありますからね。

最も画質に優れるのはズーム中間域でワイド、テレの両端は絞っても隅の解像不足があります。

ZYKKOR 35-70mm F2.8

明らかな欠点としてワイド端の35mmでは四隅がケラレたように暗く写ります。絞り込むにつれ軽減されていくので周辺減光でしょうかね。F11でも残りますが。

正直言って、これEマウントの口径が小さいからなんじゃねーの?と疑ってましたが、ニコンのフルサイズ一眼レフでも同様だったので「仕様」でした笑

ZYKKOR 35-70mm F2.8

開放 70mmでボケテスト
ボケの質は背景に二線ボケが出るザワザワ系のようです。

ZYKKOR 35-70mm F2.8

玉ボケはこんなの。もっとバブリーな玉ボケが出てくれれば使用価値も出てくるのですが。

ZYKKOR 35-70mm F2.8

このバラの写真は前ボケも滑らかで素直な描写。今回一番のお気に入り。

ZYKKOR 35-70mm F2.8

ZYKKOR 35-70mm F2.8

まぁ普通にスナップするだけなら案外使えなくもないが、

このレンズに限らず、MFズームレンズは「ズーミング」操作が増えることで単焦点と比べて撮影テンポが悪くなりがち。

さらにボディ内手ブレ補正搭載のミラーレスで使う場合は焦点距離設定の手間も増えるので極力使いたくないのが本音。

35-70mm程度なら手ブレ補正の設定は50mm辺りで固定しても問題なさそうですね。

ZYKKOR 35-70mm F2.8

ZYKKOR 35-70mm F2.8

まとめ

オールドズームの中には屋外撮影する気すら起きないレンズもあるが、ZYKKOR 35-70mmは私個人の基準点はクリアしていました。

しかし単焦点がメインの私には撮っていて“アガる”レンズではないことは確か。35-70mmのズームなら50mm単一本で撮った方が遥かに楽しいですね。次回の活躍は・・・ありますかねぇ。

以上「ZYKKOR MC 35-70mm F2.8」の実写レビューでした。


オールドレンズ・ベストセレクション

オールドレンズ・ベストセレクション

澤村 徹
2,970円(05/23 16:34時点)
発売日: 2018/02/19
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク


コメントを残す