【銘玉マクロ】OLYMPUS OM ZUIKO AUTO-MACRO 90mm F2 外観レビュー

オリンパスの中望遠マクロレンズ【OLYMPUS OM ZUIKO AUTO-MACRO 90mm F2】の外観レビュー。

 

OM最高峰の神マクロレンズ

「OLYMPUS OM ZUIKO AUTO-MACRO 90mm F2」はオールドレンズの中でも最上位クラスの性能を誇る中望遠マクロ。一時はOMユーザー必須の一本とさえ言われた銘玉。

マクロレンズで珍しい大口径F2はお飾りの見栄っ張りではなく、開放から実用レベルの描写性能で文句の付けようがない。もうこれ一本あれば他の中望遠オールドレンズいらないんじゃねぇの?と度々考えさせられるほど。
・・・まぁ、それでも他に目移りしてしまうのがレンズ沼の恐ろしい症状なんだけどね(笑)

マウントオリンパスOM
レンズ構成9群9枚
絞り枚数9枚
最短撮影距離0.4m
最大撮影倍率0.5倍
フィルター径55mm
全長×最大径71×72mm
重量550g

 

レンズ外観

OLYMPUS OM ZUIKO 90mm F2 macro

マウントアダプターを介してSONY α7IIIに装着。
少しずんぐりしたデザインで決して小型軽量の部類ではない。しかしバランスは悪くなくレンズスペックからすると十分コンパクトに抑えられていると思う。

 

OLYMPUS OM ZUIKO 90mm F2 macro

レンズが無限遠時の全長はこんな感じ。ここから・・・

OLYMPUS OM ZUIKO 90mm F2 macro

最短撮影距離の「0.4m」まで繰り出すとここまで伸びる。ハーフマクロと言えどもピントリングは一回転近く回すことになる。

どれだけ描写の良いレンズでも操作性に難があれば撮影意欲を削がれる。ピント合わせにシビアなマクロレンズではなおさらだが、このレンズは均一かつ適度なトルク感が快適で遊びが全くない。

レンズ先端から被写体の距離(ワーキングディスタンス)は「23.5cm」程度まで接近できる。

 

OLYMPUS OM ZUIKO 90mm F2 macro

近接重視のレンズなので∞無限遠~中距離の目盛間隔は狭く、アッという間に通り過ぎます。

絞りリングはOMレンズでは珍しいマウント側に配され、一段ずつのクリック。操作音は少しガチャガチャする。

OLYMPUS OM ZUIKO 90mm F2 macro

レンズコーティングは現代的なマルチコート仕様。

フィルター径は「55mm」OMレンズの大口径は大半が55mm径で、このような珍しいスペックのレンズでもフィルター径の統一を図るOMシステムの精神は流石。

OLYMPUS OM ZUIKO 90mm F2 macro

絞り羽根は「9枚」で絞り込むと9角形になる。上の写真はF4まで絞った形。
円形絞りには及ばないが、オールドレンズとしては好印象。

OLYMPUS OM ZUIKO 90mm F2 macro

ちなみにレンズフードは純正品ではなく、適当な中望遠用のネジ込み式メタルフードを使用しています。

 

OLYMPUS OM ZUIKO 90mm F2 macro

マウント側。大きな後玉が頼もしいですね。
ところで昨今は問題にならないが、典型的なマクロレンズは近接撮影時に性能ピークが出るよう設計されており遠景の描写性能は今一つ。と言われていた。

その中でこのレンズには「遠距離収差補正機構」なるものが搭載されており、レンズの繰り出しに連動して一部のレンズ群が異なる動きをすることで、遠景撮影でも収差を良好に補正する・・・まぁ今では珍しくないフローティング機構の一種ですね。

レンズを繰り出した状態でマウント内部を覗くと直進キーとは別のレールのような部品が見える。これに沿って一部のレンズが異なる動きをする訳ですね。この機構は標準マクロの「ZUIKO AUTO-MACRO 50mm F3.5」にも搭載されています。

 

まとめ

「OM ZUIKO AUTO-MACRO 90mm F2」は単なるコレクター品ではなく現代でも通用する実用的なレンズなので、ミラーレスでマクロ撮影したい時の稼働率はかなり高いです。撮影倍率が等倍ではなく0.5倍のハーフマクロと言う点は人によってはマイナスポイントですが、個人的には常に等倍撮影する訳でもないのでさほど不便を感じたことはない。

最近は相場が少し上がったような気もするが、タイミングが良ければ以外にも安く手に入るレンズでオススメできます。

以上【OLYMPUS OM ZUIKO AUTO-MACRO 90mm F2】の外観レビューでした。

α7III×OLYMPUS OM ZUIKO AUTO-MACRO 90mm F2 実写レビュー


 

スポンサーリンク

コメントを残す