【SONY α7III】奈良公園の鹿で“動物瞳AF”は使える?

α7IIIの動物瞳AFを奈良公園の鹿たちで試してみました。

 

α7IIIは鹿の瞳を捉えられるか?

さて、過去の撮影では、猫に対して抜群のパフォーマンスを見せた動物瞳AFでしたが大きさも顔付きも違う鹿の場合では如何に…?

 

まぁモッタイ付けるほどの話題でもないので結果から言いますが、

鹿に対する瞳の検出率は感覚として『30%以下』だった。

ハァ~、ガッカリ、残念!使いモンにならん!!

・・・と思いきやトンデモない。実写結果は非常に満足で、そもそも鹿に動物瞳AFってそれほど必要なかったのでは?とさえ感じるほど歩留まりは良好。

α7IIIのAF性能ってホントに優秀なんだと再認識した。


以下で実写レビュー。
レンズはSIGMA MC-11+Canon EF200mm F2.8L II USM
AF-C 連続撮影 Lo:約3コマ/秒
Adobe LightroomでRAW現像 レンズ補正は周辺減光以外を適用。

MC-11+EF200mm F2.8L II USM

夏毛の鹿の子模様が新緑に映える。

これは左の牡鹿に瞳AF枠が出ていました。手前の鼻先が少しボケているのが分かるかと。隣の鹿も位置が良かったので被写界深度内に入っている。

MC-11+EF200mm F2.8L II USM

玉ボケがイイ感じに。

上の写真では瞳は検出しなかった。“顔正面~斜め” だと検出率が比較的高く、横顔では気まぐれに一瞬出たりもするが、それでAF動作が不安定になることはない。

フォーカスエリアは「ゾーン」でおおまかに合わせた。ピントのピークは目と鼻の間、鼻筋辺りだが、瞳も被写界深度内に一応入っている。

通常のAF-C撮影でもこのくらいのAF精度が出るので、よほどシビアにならない限り問題にはならないと思う。

MC-11+EF200mm F2.8L II USM

草を食べてたりして顔を伏せている時は瞳AFはほとんど作動しなかった。

MC-11+EF200mm F2.8L II USM

 

MC-11+EF200mm F2.8L II USM

おやすみ。。スヤァ。。。

 

MC-11+EF200mm F2.8L II USM

個人的には芝生広場よりも春日大社の参道にいる鹿の方が、野生らしい写真が撮れてオススメ。しかし日陰が多くISOが結構上がりがちで、フルサイズの高感度耐性に助けられた。

MC-11+EF200mm F2.8L II USM

なんか証明写真みたい笑
これもピントは鼻先ではなく、瞳を捉えています。

やはり正面顔だと顔の長さが抑えられるので検出率が上がる。瞳を検出する前に顔であることを認識しないといけないから、瞳と鼻の位置関係がポイントなんだろうか。

MC-11+EF200mm F2.8L II USM

MC-11+EF200mm F2.8L II USM

ほんと色んな所の草食べてるね。

まつ毛が長い!

まとめ

瞳を検出しないからシャッター切ることを諦めた。なんてことは一切なく、ストレスフリーで撮影出来た。個人的には瞳AFよりも鹿を上手く撮れるようになりたい笑

「EF200mm F2.8L II USM」は古いEFレンズだけど描写性能は流石Lレンズです。マウントコンバーター MC-11との動作相性も良いので信頼して使える。中古が安くてコスパも◎

今のところ動物瞳AFの本命はやっぱり猫かな。精度は今でも十分だけどファームアップデートされると嬉しいね。

以上、α7IIIと鹿の動物瞳AFレビューでした。


ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

198,490円(08/19 05:31時点)
Amazonの情報を掲載しています
Canon 単焦点望遠レンズ EF200mm F2.8 II USM フルサイズ対応

Canon 単焦点望遠レンズ EF200mm F2.8 II USM フルサイズ対応

93,280円(08/18 19:57時点)
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

コメントを残す