CONTAX Distagon T*25mm F2.8 AEG ちょい作例

【CONTAX Carl Zeiss Distagon T*25mm F2.8 AEG】の実写レビュー

 

Distagon25mmはスナップが面白い!

広角レンズのレビューですが、今回は広々とした遠景はナシでスナップ域の写真メインです。

ボディはSONY α7III
Adobe LightroomでRAW現像 各収差補正なし

CONTAX distagon T*25mm F2.8F4

ヤシカ・コンタックス初期からある【Distagon T*25mm F2.8】は広角レンズの評価でよくある「四隅の画質」や「歪曲収差の少なさ」などが大いに褒められることはなかった(はず)。

メーカー自身も“レンズの味”を売りにした謳い文句が多く、滅多なことがない限りレンズ設計のリニューアルをしないヤシコンの思想が良くも悪くも出ている。

とは言え、広角オールドレンズとして優秀な性能であることは以前の 比較レビュー でも確認しましたし、高いコントラストと開放付近での周辺減光の相乗効果はスナップ撮影にインパクトを与えてくれます。

CONTAX distagon T*25mm F2.8F5.6

CONTAX distagon T*25mm F2.8F5.6

ここから奈良県のならまち界隈スナップです。

CONTAX distagon T*25mm F2.8

メーカー仕様ではこのレンズの実焦点距離は「25.9mm」なんですが、
うん?それって、もう26mmじゃあねぇの??…って言いたくなる。けど、これは気にしない方がいいです笑

実際、実焦点距離を公表していないメーカーが殆どだし、実用上で問題になることも特にないでしょう。結局は気の持ちよう。

CONTAX distagon T*25mm F2.8F4

Zeiss伝統の25mmはヤシカ・コンタックス終了後は繰り返し再設計され、一眼レフ用の「Distagon T*25mm F2、F2.8(共に生産終了) 」やライカM用の「Biogon T*25mm F2.8 ZM」が発売、

デジタル対応設計のBatis、Loxia、Milvusシリーズにも25mmはラインアップされており、広角レンズのマストとして欠かせない存在となっている。

個人的に使ってみたいのは唯一のAFでEマウント用のBatis 25mm F2ですが、そこはやはりZeissプライス。所有の「FE 12-24mm F4 G」との両立は出来ませんな~

CONTAX distagon T*25mm F2.8F5.6

まぁ現状で撮りたいものは撮れるから不満はないんだけどね。

CONTAX distagon T*25mm F2.8F2.8

歪曲はある程度出るレンズなんですが、スナップ撮影においては特に気になるシーンはありませんね。

CONTAX distagon T*25mm F2.8F4

革靴の質感もイイ感じに出てます。

CONTAX distagon T*25mm F2.8F4

CONTAX distagon T*25mm F2.8F2.8
日の丸構図は開放絞りでOK。

 

まとめ

個人的に広角スナップは定番の28mmよりも25mmの方が心地良く、ハマることが多い。最短撮影距離が0.25mまで寄れることや、CONTAXレンズとしてはコンパクトなのも使いやすい。

中古相場も高騰することなく割と落ち着いているので、初めてのCONTAXの広角レンズとしてもオススメです。いつかフィルムでも使ってみたい一本ですね。

以上【CONTAX Carl Zeiss Distagon T*25mm F2.8 AEG】の実写レビューでした。


スポンサーリンク

コメントを残す