【改造レンズ】Konica C35/HEXANON 38mm F2.8 for ライカMマウント

日本カメラ史に残るコンパクトカメラの名機【Konica C35】の搭載レンズ「HEXANON 38mm F2.8」をライカMマウント用に改造してみました。

 

ジャーニーコニカを交換レンズに

1968年にコニカより発売された【Konica C35】は“ジャーニーコニカ”の愛称で親しまれたコンパクトカメラの名機です。程なくして他メーカーから同様のスタイルのカメラが続々と登場していることから、それはそれは大ヒットしたカメラなんでしょうね。故に中古品もゴロゴロあります。

ケンコー・トキナーのHPに製品情報があったのでリンクを貼っておきます。なんと当時の取説がダウンロードできるぞ!

【ケンコー・トキナー/Konica C35 ジャーニーコニカ】

今回改造に使用する個体は動作未確認のジャンク品で、軽く動かしてみるとシャッター兼絞りのビハインドシャッターが粘った動きをしていた。レンズ自体は若干のコート荒れがある程度で特に問題はない様子。本格的にオーバーホールすれば正常に使用出来るかもしれません。

Konica C35 HEXANON 38mm F2.8

分解前に記念の一枚。外観、質感はホントにいいカメラでバラすのが惜しい気持ちになりそう。

以下、作業過程は省略。と言うか終始グダグダで一切記録していません(笑)

 

Konica C35 HEXANON 38mm F2.8

完成形がコレ。
コシナフォクトレンダーの「VM-E クローズフォーカスアダプター」を介してSONY α7IIIに装着。これで無限遠からレンズ本来以上の近接撮影が可能になりました。

クラシカルな外観とコンパクトさが目を惹きます。何よりシルバー鏡胴ってイイですよねぇ。特別感とか色気がある。

Konica C35 HEXANON 38mm F2.8

えー実は今回の改造では絞り機構はオミットしました・・・オミットなんて言うと聞こえは良いが、実際は私の改造技術ではライカMマウントと絞り機構を両立することが出来なかった結果です(泣)

改造が容易だった「Flash Fujica」と比べればKonica C35は異様と思えるほど部品数が多く、凝った内部構造で悩みに悩んだ。もちろんカメラとしての精巧さは紛れもなく素晴らしい。て言うかFlash Fujicaが安っぽ過ぎる・・・??

一応絞り部品は残してあるので固定絞りとして追加できる余地は残した。

 

Konica C35 HEXANON 38mm F2.8

ピントリングにはフォーカスノブがあります。
フィルター径は「46mm」コンタックスG系のレンズフードが流用可能。

レンズは3群4枚のテッサー型。この個体はレンズが若干黄変しているのでトリウムレンズ使用の初期型と思われる。トリウムレンズ(俗に言うアトムレンズ)は主に大口径レンズの収差改善に使われていたが、これは平凡なF2.8のテッサー型、ましてや性能評価基準の低いコンパクトカメラのレンズに使用するなんて一体どんな意図があったのだろうか。

Konica C35 HEXANON 38mm F2.8

レンズ単体ではより薄さが際立ちます。
マウント面からの厚さは「約20mm」重量は「約75g」に仕上がった。
ちなみにコシナのヘリコイドアダプターは125gもあるw Eマウントに装着する際は計200gで結構重いね・・・。

最短撮影距離は仕様で「1m」ですがヘリコイドアダプター使用時は「約0.33m」まで接写可能になりスナップに使いやすそうだ。

Konica C35 HEXANON 38mm F2.8

マウント面。後玉周りの工作が素人丸出しですね(笑)
アダプターを介したミラーレス使用前提なのでレンジファインダー機の距離計との連動カムなんて立派なモンは当然ありません。

バヨネットマウントのパーツは「K&F Concept/FD-ライカM」のマウント部を流用した。持て余していたアダプターだったので遠慮なくパーツを頂戴したが、ぶっちゃけKonica C35の入手価格より高いw
だけどマウント面にネジ穴もあって内側に反射防止塗装もされている上等な作りで、このパーツだけ販売して欲しいくらい。

この手の製品では「L39-ライカM」の変換アダプターが最も安価だが、改造パーツとして使うには強度に不安があったのでやめておいた。

 

今のところ見た目は合格。描写性能はと言うと・・・まぁ、あまり等倍確認しない方がイイかなと言った感じですかね。簡単な作例は後ほど記事にする予定です。
Konica C35 ライカMマウント改造レンズの外観は以上です。ありがとうございました。


 

駄カメラ大百科

駄カメラ大百科

石井正則
2,160円(04/22 03:19時点)
発売日: 2018/07/21
Amazonの情報を掲載しています

 

スポンサーリンク


コメントを残す