【標準】MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2 外観レビュー

ミノルタCLE用の標準レンズ【MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2】の外観レビュー。

 

マニア心をくすぐる40mm

2018年11月末にカールツァイスからSONY Eマウント用 標準単焦点【Batis 2/40 CF】が発売され早速入荷待ち状態が続く人気ぶり。

Carl Zeiss Batis 2/40 CF

充実の高スペックで汎用性に優れたレンズだが、多くのカメラマンを惹き付けたのは、やはり「40mm」と言う独特の画角にあるのでは。おそらく35、50mmならここまで注目されなかったでしょうね。一眼レフにも40mm台のパンケーキレンズが多数ありましたが殆どは廉価志向のレンズでした。

また大口径フリークには「フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 ASPH」と「SIGMA 40mm F1.4 DG HSM Art」のEマウント用がある。

今回は奇しくもBatis 2/40 CFと同じスペックのオールドレンズ【MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2】の外観レビューをします。

マウントライカM
レンズ構成4群6枚
絞り枚数10枚
最短撮影距離0.8m
フィルター径40.5mm
全長×最大径24.5×51mm
重量105g

レンズ外観

MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2

マウントアダプター「VM-E Close Focus Adapter」を介してα7IIIに装着。毎度言ってるような気がするがα7シリーズはレンジファインダーレンズが本当に良く似合う。

ところで、このレンズには3種類の兄弟レンズがある。


1:LEICA SUMMICRON-C 40mm F2
2:MINOLTA M-ROKKOR-QF 40mm F2
3:MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2


1、2は1973年ライツミノルタCL用に開発された標準レンズで「設計はライカ、製造は各社」にて行われた。1はドイツ製でフィルター径がライカ独自仕様などの差異はあるが基本的には2と同等のものとして扱われる。
レンジファインダーの距離計連動は“傾斜カム”と呼ばれる独特の方式を採っており、ライツミノルタCL以外のMマウント機ではピント精度にズレが生じることがありライカはこのレンズとの組み合わせは保証外としている。

3は今回のレビューで取り上げるレンズ。レンズ構成こそ同じだが、1981年発売でミノルタ独自に再設計。鏡胴構造をはじめレンズ形状や硝材の変更がある。ボディのミノルタCLEと同様にライカはノータッチなので“純ロッコールレンズ”となった。通常の平行カム仕様なのでM型ライカで正常に距離計連動する。

MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2 elements
左:SUMMICRON-C 40mm F2 / 右:M-ROKKOR 40mm F2

相場価格は1がやはりライカ銘 ドイツ製と言うこともあって最も高価。
2、3は共に日本製で大きな差はなくレンズコンディションと購入のタイミング次第と言ったところか。どれもライカMレンズとしては比較的安価な部類。

2は生産時期によってレンズ銘板の「M-ROKKOR-QF」の「QF」がないものがある。少々ややこしいが、3との見分け方はピントリングレバーや絞りリングの形状から判別可能で難しくはない。またカム仕様による互換性もミラーレス使用においては全く影響はありません。

 

MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2

上の画像でこのレンズのコンパクトさが分かりやすいかと思います。パンケーキレンズ並に取り回しがイイのはもちろんのこと、カメラバッグへの収まりも最高なので軽い気分で撮影に向える。

MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2

APS-C機のα6000に装着しても非常にマッチする。換算約60mm F2となり気分次第では標準レンズとしても使えるでしょう。
それにしても、レンジファインダースタイルのフルサイズミラーレス登場は望み薄いのかなぁ・・・国内メーカーで可能性がありそうなのはソニーかパナくらいでしょうかね。

 

MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2

レンズ前玉から。絞り羽根は「10枚」と多めですが円形絞りではありません。上の画像はF4の形状。フィルター径は「40.5mm」でM-ロッコール3兄弟の「28、40、90」の全てが同じ40.5mm径です。
コーティングはミノルタ独自のアクロマチック・コーティングが施されており角度によって緑の反射光が見えます。

MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2

最短撮影距離が「0.8m」と長いのはレンジファインダーレンズの宿命だが「コシナ VM-Eクローズフォーカスアダプター」を使えば「約33.5cm」まで近接可能になり標準レンズとしての使い勝手が一変する。

ピントリングはレバー式なので少し慣れが必要かな。絞りリングは中間クリックありでコチコチッと軽快な感触でとても良い。

MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2

マウント側から。F2のレンズでも後玉はそれなりに大きいです。
真鍮色のリング部がボディとの距離計を連動させるカムで、その形状から平行カム式と確認できます。

 

MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2

専用レンズフードはネジ込み式のラバーフード。折りたたむことでレンズキャップも装着できます。このフードは実用には全く問題ないものの、見た目は少々チープでいずれラバー劣化の心配もある。そこで・・・

MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2

これを買ってみた。Amazonの激安メタルフードです。品質は全く期待していなかったが、思いのほかマトモで満足。フードの深さはラバーよりほんの少し深く、フィルターの上から装着してもケラレはない。ちなみにこのフードの先端は52mm径になっており、レンズキャップやフィルターが装着できる。

MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2
左:40mm F2 右:28mm F2.8

最後に「M-ROKKOR 28mm F2.8」とのサイズ比較。40mm F2が頭一つ分低く、小ささが際立ちます。しかし私の撮影スタイルではこの2本を同時に持ち出すことは残念ながら滅多になさそうです(笑)

 

まとめ

M-ROKKOR 40mm F2は小型のレジンファインダー用レンズの中でも特にコンパクトで可愛らしいレンズです。
肝心の描写傾向については「典型的な4群6枚の標準ダブルガウス型」と言えばオールドレンズをよく使う人はだいだい想像が付くかと思います。特色である40mmの画角は35mmと50mm兼ねた撮り方も可能で腕を問われているような気分になる。これは是非とも使いこなしたくなりますね。

以上【MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2】の外観レビューでした。
実写レビューは以下のリンク↓

【標準】MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2 実写レビュー


 

スポンサーリンク

コメントを残す