【超コンパクト】OLYMPUS OM ZUIKO AUTO-W 21mm F3.5 外観レビュー

OLYMPUSの超広角レンズ【OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-W 21mm F3.5】の外観レビュー

 

ライバルを寄せ付けない超コンパクト設計の21mm

今回のオールドレンズ外観レビューは
【OLYMPUS OM G.ZUIKO AUTO-W 21mm F3.5】です。

小型軽量を得意とするOMレンズ群の中でも一層際立つ超広角レンズで実際に手に取ると「これで21mmなの!?」と間違いなく驚きます。

OLYMPUS OM G.ZUIKO 21mm F3.5

マウントオリンパスOM
レンズ構成7群7枚
絞り枚数6枚
最短撮影距離0.2m
フィルター径49mm
全長×最大径31×59mm
重量180g

現在の相場は2万円台程度で特に高騰はしていない。

上位の21mm F2は希少価値が高いとは言え、とても理解し難い高価格で取引されている(ほとんどが中国に流れていると思われる)

それに比べると下位のF3.5はコスパに優れたオールドレンズで実用性が高い。

OLYMPUS OM G.ZUIKO 21mm F3.5OM 28mm F3.5と並べてみる。前玉の形状以外はサイズやディテールもそっくり。

この2本に限らずOMシステムの21mm~50mmまでの普及タイプ単焦点は皆ほぼ同一サイズで、前後キャップを付けてしまえばパッと見の区別が付かないほど。

OLYMPUS OM G.ZUIKO 21mm F3.5フィルム一眼レフのOM-1Nに装着。

やっぱりOMボディはブラックがイイですね。
倍率0.92倍のファインダーに広がる21mmの光景は壮観なものですが、隅々まで確認しようとすれば目の動きは忙しくなる。

このコンパクトさに比肩出来るのは「PENTAX MX」と「smc PENTAX-M 20mm F4」の組み合わせくらいだろうか。

OLYMPUS OM G.ZUIKO 21mm F3.5こっちはSONY α7IIIとの組み合わせ。アダプターを挟んでも尚も小さい。

所有するOMレンズも充実してきたのでアダプターは日本製のRAYQUALに更新しました。

スムーズかつガタのない着脱操作はもちろんのこと、フランジバック精度の高さや内面反射対策も最上級でオールドレンズの性能をフルに発揮したいならコレ一択。

OLYMPUS OM G.ZUIKO 21mm F3.5この個体は前期型の銀枠タイプでG.ZUIKO表記だが、後期の黒枠になるとZUIKOのみとなっている。

コーティングは銀枠モノコート時代のアンバー/パープル系。

フィルター径はOMレンズでお馴染みの「49mm」であるが超広角なので装着するフィルターによってはケラレが発生します。

撮影には良かれと思って薄枠高性能フィルターの「Kenko ZX/ゼクロス」を付けてみたが四隅に少しケラレが出てしまった。どうもZXはガラス周囲の縁取りがやや太めなのが原因のようだ。ZetaやEXUSだと大丈夫です。

OLYMPUS OM G.ZUIKO 21mm F3.5絞りリングに中間クリックはなく指標通りの一段刻みです。

最短撮影距離は「0.2m」とかなり寄れるので超広角のパースを強調した近接撮影もこなせる。

OLYMPUS OM G.ZUIKO 21mm F3.5絞り羽根の枚数は「6枚」

偶数枚なので絞り込んで夜景撮影をすれば6本の光芒/光条が伸びる。本数が2倍になる奇数枚より使いやすいだろう。

OLYMPUS OM G.ZUIKO 21mm F3.5マウント側。これと言って変わった作りもなく普通です。

まとめ

とにかく小さい。単焦点としては暗めのF3.5もこのサイズの前ではデメリットにはならない。

光学性能も申し分なくフィルムOMとミラーレスの兼用でも活躍してくれるはず。

OMファンはもちろんオールドレンズ使いなら確保しても損はない一本と言えますね。

以上OLYMPUS OM G.ZUIKO AUTO-W 21mm F3.5】の外観レビューでした。

【超広角】OLYMPUS OM ZUIKO AUTO-W 21mm F3.5 実写レビュー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。